お知らせ

みやゆうの最新情報は「にんぽて」TOPページをご確認下さい。

セミを食べる【閲覧注意】その場で採取調理して食べてみた

ども!美容研究家忍者みやゆうです!!

皆様はセミを食べたことがあるでしょうか?僕は食べたことがありません。

と言うことで、、、実際に採取、調理してセミを食べてみました!

途中、人によっては閲覧注意な写真があるのでご注意下さい。

セミを食べる【閲覧注意】その場で採取調理して食べてみた

折りたたみ虫取り網を作り、セミの食べ方を予習と前々から準備をしておりました。

そして当日!!!

セミを採取に向かうわけですが緊張やら恐怖やらで真顔になっております。笑

セミ取りに名城公園へ

まずはセミを捕獲しなければいけません。

セミを取りに名城公園へ向かいます。

パートナーは5月に一緒にトークライブをやりました、究理占術研究家のにしけい(にしけいオフィシャルブログ「にしけいポン」)です!

彼とは大人になってから友達になったせいか、訳のわからないこと一緒によくしてます。笑

僕も結構やばいと言われますが、彼もなかなかのヤバさです。

最近では身の回りのものでオナホールを作るという実験をしていました。笑

今回も探偵ナイトスクープのセミを食べる回を見て、、、

と呟いたら、にしけいからセミ取りに行きましょうとLINEが。

おそらく僕一人じゃ実行に移すのは無理でしたので一緒に行こうとなった訳ですね。

そんなことを思い出しながら公園の方へ歩いていると、、、

いました。笑

麦わら帽子に虫取り網。手の書かれたTシャツ。

この格好で電車に乗ってる訳ですからね。彼はガチです。笑

セミハントスタート!!

さぁ〜!一狩り行こうぜ!と言うことで平日の公園でセミハント開始です!!

(僕たちはアラサー、にしけいは二児の父です。)

開始早々アルコールを入れ、セミ捕獲とか楽勝でしょ♪(セミ触れないけど)と思ってた訳ですが、、、

全然獲れない。

抜け殻ばっかで生きているセミは木のめっちゃ高いところにいます。

鳴き声はするけど捕獲できない。

そんな時間が延々と続きます。

一時間、二時間、、、

あれ?子供の時ってもっとバンバンセミ捕まえてなかったっけ?

やばい!!このままだとブログの内容が、、、撮れ高が、、、と思っていると、、、

セミを捕獲

にしけいがセミを捕獲!!

セミを捕った状況を撮っているにしけいを僕が撮ってます。笑

セミを捕って輝くような満面の笑顔♪

(僕たちはアラサーです)

その後はセミ捕りのコツや捕まえやすいスポットがわかりだし、にしけいはセミ捕り確変に入ります。

ちなみに僕は一匹しか捕まえれませんでした。笑

セミを食べる!さぁ〜調理しよう!!

さぁ〜ここからです!!

なんやかんやで7、8匹のセミと言う名の食料が手に入りました。

15時くらいですかね、2人とも朝から何も食べてないのでいい感じお腹が減ってます。

調理開始です!!ここからは閲覧注意な画像がでてきますのでお気をつけください。

セミを素揚げで食べる

まずは素揚げです!!

油にセミをイン!!

どのくらい揚げればいいんだ?

様子を見て、、、

キッチンペーパーで油をきります。

もろセミですね。

そして、、、

頂きます。

セミ童貞卒業の感想は最後に。

セミの中身を食べる

今まで探偵ナイトスクープをあまり見たことなかったのですがAmazonプライムビデオで見れることを知り、今更ながら面白くてハマってます。 ...

そして今回は素揚げ以外にも、探偵ナイトスクープでやってた食べ方にも挑戦しました。

調理法は↑記事で。

はっきり言ってかなりエグいです。

調理中2人共、、、

顔が死んでます。笑

そしてセミの中身をいざ実食。

閲覧注意です。

もう一度いいます。本当にエグいので閲覧注意です。

はい。セミの中身はこうなっております。肉みたいなんがあります。

これを食べました。

食事の瞬間、いろんな感情がこみ上げます。

眉毛の角度がとんでも無いことになってます。笑

【セミを食べた感想】命を頂戴することに本当に感謝しないといけない

僕がセミ童貞を捨てた瞬間は動画で!!

セミを食べてみた感想なのですが、素揚げの方はナッツの風味で最初はパリパリ、、、しっかり揚がってないと咀嚼途中にうん?うっ?ってなります。

動画でも途中顔が死んでますが、その時うっ?ってなってますね。笑

ムニュッってのがあります。

そしてセミの中身を食べた感想は、、、味の無いカニ?って感じです。

最初は抵抗がありましたが調理して出されたらセミは普通に食べれます!!

そしてセミを食べた一番の感想は、、、

命を頂戴することに本当に感謝しないといけないってことです!!

そのまま調理された料理を食べるだけではわかりませんが、セミを捕獲、調理すると生々しく命を頂いてると実感します。

セミの羽をもぐ時、セミの羽ってこんなに頑丈についてるんだとわかります。

セミを油に入れる時、ビービー鳴きながら震えるセミの動きがトング越しに伝わります。

そしてそれを食べる。

いつも飲みながら妄想トークをどんどん発展させる2人です。

普段食べてる牛も豚も鳥もこの作業をしてくれる人がいるから食べれるんだよな。

スーパーの綺麗な肉も元々は動物なんだよな。

もしもヒエラルキーのトップが人間じゃなくなったら、自分達も食べられるんだよな。

自分たちで採取し調理したセミを食べ、なんか胸がいっぱいになり、モヤモヤとなんとも言えない感情がこみ上げてきました。

最初のハイテンションが嘘かのように2人でボーっとする時間。

とにかく。

命を頂戴することに感謝です!!

絶対親からクレーム来るだろうけど、この経験は子供達が小学生の時とかにしとくべきなんじゃないかなとも思いました。

大人になってセミを触ることもできなかった僕がセミを調理し食べることで新たな価値観が生まれました。

うまいことまとめられませんが、、、

頂きました!ごちそうさまでした!!ありがとうございました!!!

関連記事

【不食ブログ】一週間食べるのやめてみた

【果物だけダイエット】一週間の効果と体重と感想をまとめとく

【野菜だけダイエットの効果】一ヶ月で減った体重

この記事を今すぐシェアする
お知らせ

みやゆうの最新情報は「にんぽて」TOPページをご確認下さい。

トップへ戻る