お知らせ

【履歴書の趣味特技】人間観察で面接を突破した方法

ども!美容研究家忍者みやゆうです!!

履歴書の趣味、特技の欄に人間観察と書いて就職の面接を受ける。

面接官はどのような表情やリアクションをするでしょうか?

受験、バイト、就活、、、

フリーランスになる前、僕はあえて人間観察というコンテンツを使い面接を突破しました。

その方法を皆様に!!

【履歴書の趣味特技】人間観察で面接を突破した方法

どんな面接を掻い潜ってきたかは年表からどうぞ!

履歴書の趣味特技の欄に人間観察と書く人

一般的に履歴書の趣味特技の欄に人間観察と書いちゃう人は、、、

趣味特技がない人です。

やばい、書くことない。

人間観察。映画鑑賞。音楽鑑賞。

とりあえず書いとこう。

こんな感じじゃないでしょうか?

履歴書の趣味特技欄に人間観察と書いて面接を突破できない理由

これは確実に怒られる!許してもらえないかもしれない! これ以上の危険を回避し許されるためにはどうしたらいいのか? 人に謝罪する際...

なぜ履歴書の趣味特技の欄に人間観察と書いて面接を突破できないのか?

それは、、、

嘘だからです。

人間観察なんか本当は趣味でも特技でもない。

なんとなく視界に入った人間をなんとなく見ている。

これが本心だからです。

何百人、何千人単位で人を見ている面接官。

趣味特技の欄に書かれた、人間観察の文字。

こんな無駄なことがあるでしょうか?

嘘をつき続けて最終的に謝罪しなければいけないのであれば、最初から嘘をつかなければいいんです。

そして嘘をつくならするべきことがあるはずです。

人間観察と書いて面接を突破する3つの方法

では人間観察と書いてあらゆる面接を突破するにはどうしたらいいのか?

僕がやっていた方法と照らし合わせながら、3つの方法をお伝えします。

他とは違う人間観察を演出する

面接を突破するにはまず自分に興味を持ってもらうことが必要です。

特技が人間観察と書かれた100枚の履歴書。

その中で一番輝く人間観察を演出しなければいけません。

僕は人間観察の後にある一文を添えていました。

人間観察(実演できます)

これです!!

はっ?人間観察の実演?!

今までスルーされていた人間観察と言う文面が一気に輝きます。

「人間観察、、、実演ってなんですか?」

そう面接官に言わせたらあなたのターンが始まります。

人間観察を実演する

今日は僕が小学生の時マジックに目覚めてしまった時の話をしようかなと思います。 幼き頃、将来はマジシャンになりたい♪と思ったきっかけでも...

いやっ、人間観察を実演するってなによ!と皆様お思いでしょうか?

説明していきたいと思います。

実は本当のところを言うと僕には趣味や特技があります。今は仕事になってるので正確には違うのかもしれませんが、小学生からマジックをしていますし、メイクの専門学校に行って美容のことについて勉強したり、サウナに行くのも好きです。

ただ、、、履歴書にはあえて人間観察と書いていました。

その理由は、本当の趣味や特技を実演するためです。

例えば僕が特技の欄にマジックと書いた場合、なぜマジックを好きになったのかを聞かれるパターンもあれば、マジックを見せてくれというパターンもあります。

趣味がサウナと書いた場合、サウナがなぜ好きかを聞かれて終わりです。

それでは面接官に良いイメージや強い印象を持ってもらえません。

どうにかして自分の印象を強くする。そのために面接官と会話をする時間、コミュニケーションをとる時間を増やすのです。

ではどのように実演するのか?

本当の趣味や特技がない人は残念ながら実演できません。(趣味特技がない人向けの文章は後ほど)

例えば本当の趣味がサウナなのに、履歴書に「人間観察(実演できます)」と書いたとします。

実演ってなに?と言われたら、なにをするか?

相手に合うサウナを紹介するのです!!

「僕は人間観察以外にもサウナが好きでその人にあったサウナがある銭湯を紹介できます!○○さんの場合は、、、」

みたいな感じで面接官におすすめのサウナや銭湯を紹介します。

あなたがサウナを好きな理由を聞かされるのと自分におすすめのサウナを紹介されるのではどちらが後に印象に残るでしょうか?

サウナじゃなくても、音楽、定食、遊園地、、、

なんでもいいです!気になった面接官は提案された事柄について後で検索するかもしれません。もしそうなればその時にあなたのことを思い出します。

選考は面接の後です。

印象を強く与えられた人が勝ちなのです!

人間観察の実演が失敗してもOK

いや〜俺あそこのサウナ好きじゃないんだよな、その音楽は好きじゃないんだよ。

もちろん成功したほうがいいですが面接官にそう言われ、人間観察の実演が失敗しても選考にはあまり響きません。

重要なのはその後です。

失敗した後にどのような対応を取るのか?

仕事でミスをしたり、お客様からクレームがきた時に自分がどのように対応できるかをアピールするのです!

たかが人間観察。されど人間観察。

立ち回り次第では面接官に好印象を与えることができます!

趣味や特技がない人はどうしたらいいの?

文章の途中で趣味や特技がない人は人間観察を実演できないと書きましたが、そんな人はどうしたらいいのか?

履歴書を書くのを一度辞めてください。

就活をしたり、面接を受ける前に自分を見つめ直す時間をとりましょう。

それをせずにあなたが趣味特技の欄に何かを書くのであればそれは嘘です。

その嘘で自分をアピールして、嘘で塗り固められた就職希望理由を発する。

面接を突破できるわけがありません。

履歴書に書くことがないということは自分の経験が少ないということです。

自分が今まで行動していなかったから、履歴書を埋めれない。

その事実から逃げずに一度自分を見つめ直しましょう。

今までなんとかなっていたかもしれませんが逃げ続ける人生を送ると、いずれあなたは必ず後悔をしますよ。

人生全てが何かをする時のための準備です。

関連記事

【入社前の準備】新入社員が知っておくべき5つのこと

【人生で働く時間】一生の労働時間計算したらわかったこと

トップへ戻る