お知らせ

みやゆうの最新情報は「にんぽて」TOPページをご確認下さい。

【仕事辞めてフリーランスになりたい】親を説得するために僕がやった3つのこと

ども!美容研究家忍者みやゆうです!!

基本的に親は子供の味方です。

しかし仕事辞めたい!独立したい!フリーランスになりたい!

と言ったときに高確率で否定されます。

親を説得するにはどうしたらいいのか?僕がやったことを書いておきます。

【仕事辞めてフリーランスになりたい】親を説得するために僕がやった3つのこと

人はいつから人の目を気にするんでしょうね?

子供達はマジック手伝いたいか聴いたらこんなにピンと手をあげるのに♪笑

ぶっちゃけやりたいことあれば、親の意見なんか関係ないんですが、、、

けどやっぱり親には応援して欲しいですよね。

フリーランスになりたい!僕が親を説得するためにやったこと

おっくーさんがつぶやかれてましたが、これ本当そうなんですよね。

応援して欲しい人に応援されない悲しさ。

親、友達、、、近くにいる人ほど止めるんですよ。

僕なんかは百貨店で美容部員的(ボーテコンシェルジュとは?百貨店化粧品売り場の仕事内容って?)なことやってたんで安定的な仕事じゃないですが、おっくーさんは公務員というえげつない肩書きがありますからね。

なんで辞めるの?もったいない!と言われたんじゃないかなと思います。

これ心理的に近くの人が変化すると、自分の安心感が得られないから止めるって確か心理学の本で読んだ気がしますが、、、

でも親ですからね。やっぱ応援して欲しいじゃないですか。

と言うことで僕がフリーランスになるときに親を説得した方法を書いておきます。

具体的な案を出し計画書を作る

人生一度きり!! 遠慮せず、人の目は気にせずどんどん好きなことをやればいい! 人間どうせ死ぬんだから、そんなん気にしてる暇はない! ...

親がなぜ新しいことをやるのに応援してくれないのか?否定するのか?

それは、、、

心配しているからです!!

あなたのことを信用してないとかそういうことじゃなく心配なんですよね。

なら心配や不安を消し去ってあげればOK!!

僕はこれから5年で何をやるかの具体的な計画書を作りました。

計画書を使いプレゼン

具体的にどんなことをするのか?したいのか?

計画書を使いプレゼンします!!

どれだけ本気か熱意を見せるわけですね♪

親に許してもらう!応援してもらう!

ではなく、、、

もっとハードルを上げて”投資してもらえる”くらいにプレゼンしましょう!笑

フリーランスになったら、やりたいことをプレゼンするときがたくさん訪れますからね。

親で練習です!!

感情的にならず、こんなことするぜ!応援したいだろ?と親に思わせましょう。笑

親に夢を見せる

平均寿命がどんどん伸びています。

現在の日本の100歳以上の高齢者は6万7824人!!90歳以上は206万人です!

すごくないですか?

これからどんどん寿命が伸びやすくなると思いますからね。

定年を迎えてから、まだ30年以上生きる。

しかし自分で何かを始めるのはしんどい、、、

そんな親にたくさんの夢を見させてあげましょう♪

ちなみに僕はキムタク好きのおかんに、、、

これを作り渡しました。笑

ビストロスマップにゲスト出演しようと目論んでたので、スマスマがなくなりSMAPが解散したときは膝から崩れ落ちましたね。泣

否定するどころか、親がわくわくして早くやり始めろ!と応援しだしたらこっちのもんです♪

【結論】結果を出し親をワクワクさせろ

結局親は子供が可愛いですから。

僕がTVに出た時、父親は息子がマジシャンだとスナックで話のネタにしますし(息子をネタに使うな!笑)、ファッション誌に載れば母親は雑誌を買いそのページを切り抜くわけです!笑

最初は否定するかもしれませんが、結果を出して積み重ねていけば応援してくれるんですよね。親も友達もそう。

結果が出ると『成功すると思ってた♪』とか言い出しますから!

お前無理言うとったやないか!みたいな。笑

これを読んでいるあなたがどんなことをやろうとしてるかわかりませんが、親の心配を消し去ってあげて、ワクワクさせちゃえばきっと応援してくれますよ♪

僕はフリーランスで男性美容研究家兼マジシャンになるって言って、その後30歳で忍者になってますからね。30歳で忍者ですよ!笑

それに比べたらきっと親も応援してくれるはずです♪

ちなみにフリーランスになる前に親に否定されるよりも、、、

その後のフリーランスになったのに、結果がついてこなくて否定される時期の方が2億倍しんどいんですけどね。ざわ

その時の対策はまたいつかお話ししましょう♪

こちらも続けてどうぞ!
この記事を今すぐシェアする
お知らせ

みやゆうの最新情報は「にんぽて」TOPページをご確認下さい。

トップへ戻る