お知らせ

【衣食住の未来】過去現在の衣食住の意味から予想する

ども!美容研究家忍者みやゆうです!!

予想妄想好きのみやゆうが今回は衣食住の未来について考えます。

過去と現在の衣食住の意味を比較し発展させたら、未来の衣食住について予想ができるんじゃないでしょうか?

【衣食住の未来】過去現在の衣食住の意味から予想する

衣食住をやめて意識開拓をしてるんで僕はフリーランス芸能人でもやっていけるのかもしれません。笑

過去、現在の衣食住の意味とは

まずは未来の前に過去と現在の衣食住の意味について考えてみます。

過去の衣食住

過去の衣食住と言っても10年前、20年前というわけではなく、本当に人間の最初の段階!原始人の衣食住のことを指します。

過去の衣食住は、、、

衣=怪我や羞恥から肌の露出を避けるため

食=生きるため

住=雨風、寒さをしのぐため

こんなところですよね?

シンプルに生きるために必要だから!

生きることを快適にするための衣食住を選択しています。

現在の衣食住

では現在の衣食住とは何なのか?

いやっ!同じでしょ!とお思いの皆様!!

よ〜く考えて下さい♪

現在の衣食住は、、、

衣=お洒落に見せるため

食=お洒落に見せるため

住=お洒落に見せるため

はい。こうじゃないですか?

基準はインスタ映えでしょ?笑

もちろん怪我を避けたいし、生きたいし、寒さしのぎたいってのもあります。

しかし!現在の衣食住は布が少ない派手な服を着て、SNSにあげるために流行の店でご飯を食べて、シャレオツな部屋に住んでSNSに上げ、、、

生きるためじゃなくて、自分の地位とかプライド保つためだったり、楽しむために衣食住してるんですよね。

日本に住んでて本当に限界までお腹減った時に食事してる人はわずかだと思います。

そこまでお腹減ってなくても昼ごはんと夜ご飯の時間になったら食べますもんね。

過去の本当の意味での衣食住の安心からシフトチェンジしてるんです。

どうにか自分の面目を保つために流れてきたトレンドという名の情報に乗っかって安心する。

これが現在の衣食住ではないでしょうか。

未来の衣食住はどうなる?

では一体!未来の衣食住はどうなるのか?

ニヤニヤしながら妄想予想していきましょう♪

未来の衣「形状変化スーツ」

未来の衣は、、、

全員一張羅かなと。

気分や環境によって、素材や色、形が変わる服が販売されると予想します。

女子高生が好きなモデルのSNSを見て、学校終わりその服に一瞬でチェンジすることも可能だったり、、、流行の変化が早すぎてトレンドという言葉がなくなったりして。

服自体に広告を載せて対価を得る人も現れるんじゃないでしょうか?

未来の食「不食」

不食に興味を持ってこのブログに訪れる方も多いので、おすすめの不食関連記事をまとめておきたいと思います! おすすめの不食関連記事まとめ ...

もう食べないんじゃないかなと。笑

僕自身美容研究という名の人体実験のため過去に一週間の不食をして、現在はベジタリアン生活を送っているわけですが、考え方変えれば少食でも全然いけるんですよね。

逆に今の食生活で1日3食が健康って考えの方がやばくない?とも感じます。

関連記事 【1日3食は馬鹿】いつから?どう考えても不健康だよね?

食事は生きるためじゃなくて本当に楽しむだけのもの。

物を食べて胃や腸を動かす行為をせずに、VRのすごい版みたいなので五感を刺激して食事の気分を味わうのが主流になるのではないでしょうか?そうしたら生活習慣病とかは無くなりますからね。医療コストが削減されます。

その前に3Dプリンターで食事が作れるようになるかもしれませんね。

未来の住「全自動ハウス」

男って車好き多いじゃないですか。 高校生位になるとgooとか広げてこんなん乗りたいとか車種名を言い合ったり。 残念ながら僕はその...

前に描きましたね♪

全自動車が発売されたら、もう何年か後に移動する家ができると思います。

指定したらどこでも連れてってくれる!

全国民遊牧時代!!

家同士が合体したり、ロボットになったり。笑

家を賃りるという概念がなくなるかもしれませんね。

未来の衣食住のカギを握るのはVR

1000年おきに、ガラッと形や価値観を変えるんじゃないかと僕は思ってます。

衣食住は生きるためから、生きると楽しむの半々、そして楽しむだけの衣食住に価値観が変わると思います。

そして、その未来の衣食住のカギを握るのはVRかなと。

先ほどは全自動運転の家と言いましたが、今でさえグーグルアースがVRで見れて、家の中で地球を飛び回れる訳ですから。

10年後くらいに、家の中にいながらVR空間で出現する自分や空間をカスタマイズして、そこに友達を集めて飲み会をすることなんかもできるかもしれません。

もしかしたらもっと早いかもしれませんね!

もうこれは、、、全国民引きこもり時代の突入です。笑

関連記事 お金の価値がなくなる時代が本当に来る3つの理由

トップへ戻る