みやゆうのPROFILE・お問い合わせはこちら

超少食が最強だと思う3つの理由

この記事を書いた人
美容研究家忍者みやゆう

山口県生まれ愛知県育ち。マジック+人相鑑定の《エンターテイメント忍法》で世界に挑むノマドフリーランス忍者。現在は手持ち0円スタートで日本全国をまわってます。

美容研究家忍者みやゆうをフォローする

このブログカテゴリーは「ゆるベジタリアンブログ」なのですが、結局のところ超少食(ゆるブレサリアン)が最強なのかなと最近思い出しています。

僕がそう思う理由を今回は話したいと思います。

 

ベジタリアンっていろいろ種類があるんですよね。

その中でもえげつない価値観なのがブレサリアンです。笑

ゆるブレサリアンの前にまずブレサリアンってなんやねん!という方は「【趣味は食べること】ブレサリアンになりたい理由」の記事をご覧下さい。

超少食が最強だと思う3つの理由

完全まとめ ゆるベジタリアンブログ|野菜と健康と美容人体実験

過去の体を張った『美容研究人体実験』はこちら

超少食が最強だと思う理由

【不食ブログ】一週間食べるのやめてみた

現在の価値観や概念に囚われている人は不食やブレサリアンと言う考えは全くもって分からないと思います。

僕もその中の一人でした。

いやいや!3日位食べなかったら死ぬでしょ?

一週間の不食体験をするまではそう思ってました。

 

そして、一ヶ月のガチベジタリアン生活をして思うわけです。

超少食(ゆるブレサリアン)と言う生き方が最強だなと。

そう思った理由を3つに絞ってお話しします!

食欲をコントロールできる

【1日3食は馬鹿】いつから?どう考えても不健康だよね?

現在の日本で本当に限界って言うくらいお腹が減ってる状況で毎回食事をしている人は何人いるでしょうか?

外にでて少し歩くだけで、なんでも揃うコンビニや様々な飲食店に入れます。

 

食べれることが当たり前になりすぎて、、、

お腹が減ること忘れちゃってるんですよね。

お腹が減るから食事をするのではなく、時間になったから食事をするという生活。

 

自然災害や流通のストップ、何かしらのトラブルで食事ができない状況になった時に人間は理性を失わずに行動できるでしょうか?

ゆるブレサリアンは食欲をコントロールできます。

超少食で満足できるなら、食事をみんなで共有することもできるのです。

食費がかからない

【30歳貯金なし男】将来の不安なしに生活している理由

税金、保険、インターネット、携帯、、、月々に支払う料金はいろいろありますが、究極言うと衣食住のお金がかからなければ、0円で生きていけるんですよね♪

皆様は一ヶ月に食費にいくら使いますか?

ゆるブレサリアンなら超少食なんで、食費も超少ないです。

 

料理作っても一人で食べきれないからと、ゆるブレサリアンが集まって順番に食事を作りシェアしたら食事が楽しくなるし、さらに食費が減りますね。笑

ランチ代を浮かして週に1度、高級なランチを食べるなんていう楽しみ方もできます。

食の楽しみ方のバリエーション、食以外へのお金の使い方も増やせますね♪

臓器に負担がかからない

毎日、毎食食べてたら、もうそれはずっと臓器がノンストップで動いてるわけです。

まだ消化しきれてないのに、また次の食事が臓器に運ばれる、、、

胃や腸が、なんてブラック企業なんだと嘆いてるはずです。笑

 

超少食なら、必要最低限の食事しかとらないので臓器にも負担がかかりません。

週休2日どころか月休1日、年休1日ももらえてない臓器リーマン達も多いはずです。

病気という名のストライキを起こされないためにも、たまには休ませてあげてください。笑

超少食と言う生き方

現在美容研究家忍者として活動してるわけですが、最終的には霞食って生きる仙人になりたいわけです。笑

けどやっぱり、友達や出会った人と食事や飲み会ができないと言うのは楽しさが半減しますからね。楽しくニヤニヤわいわいが僕の生きがいですから。笑

 

超少食で、誰かと一緒に食事をする時だけ食べるゆるブレサリアンと言う生き方が最強なのかなと。

できる男は超少食って言いますしね♪

とりあえず食に対する美容研究という名の人体実験はこれからもいろいろやっていきたいと思います。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました